良い部屋に住みたいと願う人は多いと思いますが、人によっていい部屋となる基準は違ってきてしまいます。

扉の開閉をチェックしよう

近年の賃貸は大きなクローゼットや、部屋とキッチンに扉があり、生活空間を区切ることができるものが多くなってきました。

それだけ、賃貸を選ぶ際に、自身の生活スペースに対するこだわりの現れなのかもしれません。
しかしながら、この区切りとなる扉の形状や開閉方向が思わぬマイナスポイントになることもあるのです。

大きなクローゼットがあれば、部屋はスッキリとして広く使用することができます。

しかしながらこの開閉スペースが思わぬスペースを要するものだった場合、家具の配置などに支障が出てしまうこともあります。

また、扉の開閉方向が支障となり、扉の開け閉めによって家具が置けないといった事が起こる可能性もあります。

キッチンと部屋とが扉で仕切られているために、食べ物の臭いや、生活感から解放する手段となり得るため好む人も多いのですが、賃貸物件を選ぶ際には扉の開閉方向などのチェックもしておきたいものです。