良い部屋に住みたいと願う人は多いと思いますが、人によっていい部屋となる基準は違ってきてしまいます。

賃貸事務所でプライバシーを守る

一つの空間で仕事をしている場合には、プライバシーが気になる人も多いみたいですね。確かに、仕事場に他人が来ると、別の業務の書類などが散らかっていて、見られてしまうと情報の漏えいにつながります。賃貸事務所を借りたら、レイアウトには気を遣う様にしたいですね。

また、どうしてもプライバシーを守るのが難しく感じられる場合には、賃貸事務所の中にパーテーションを複数設置するのもいいでしょう。そうすると、賃貸事務所で働く人にとっても便利でいいかと思います。

賃貸事務所は上手に利用したいですね。狭い賃貸事務所であっても、工夫次第で快適に仕事ができる場合もあると思います。レイアウトを時々見直すのもいいでしょう。

賃貸事務所のリフォームの前に確認すること

賃貸事務所の契約は、退去の際には原則として元の状態に戻すことになっており、これを原状回復義務といいます。リフォームによって事務所の使い勝手や付加価値を向上させる場合、退去の際にせっかくの工事を撤去することになってしまいます。

賃貸事務所のリフォームは、原則としてオーナーの承認が必要ですが、工事によって付加価値がアップし、撤去する必要がない場合は、退去時には費用をオーナーに買い取り請求するか、撤去せずに現状のまま退去する承認を得ておくと有効です。

テナントが実施した工事をオーナーが買取りに応じてくれるのはまれなケースですが、原状回復せずに置いていく場合は承認される余地があるので、事前に確認すると効果的です。

シャッターのある賃貸事務所のメリット

シャッターのある賃貸事務所のメリットは、防犯上安全ということにあります。特に、一階だと窓を割られて侵入されてしまうリスクがありますが、シャッターは容易に破壊できません。もちろん、器具などを駆使して破壊することは可能ですが、そうなると泥棒は人の目につきやすくなりますし、音で周囲に気付かれることもあります。したがって、わざわざそのような物件を狙って侵入することはよほどのことがない限りありません。

賃貸事務所を借りるうえで防犯を意識したいのであれば、そういった設備が備わった物件を選ぶのがおすすめです。

賃貸事務所にペットを飼う場合

賃貸事務所にペットを飼いたいと思う方は少なくないでしょう。ですがどんなペットでも良い訳ではありません。どういう要素が向き・不向きなのかを知っておきましょう。

まず鳴き声です。飼うのであれば、鳴かないのが前提です。もし鳴く生き物だと、近隣の迷惑になるだけでなく事務所としての機能が果たせなくなる恐れがあります。そのため、静かな生き物が良いでしょう。

次に爪が長い生き物は厳禁です。何故なら、爪により傷を付ける可能性があるからです。賃貸事務所なのにもかかわらず、傷を付けてしまったらどうなるかは想像できると思います。どういう生き物が良いかはよく考えて決めましょう。